• 症状別処方箋

下痢・便秘・花粉症・頭痛・リウマチ等々それぞれの症状別に、原因と対策をお教えします。

  • 季節の野草

四季折々の薬草について、その効用をまとめてあります。写真は店長が撮影しています。

ブログへ



ダイエット(より良く食べること)は
健康増進の王道


早めに養生と自然薬で対処:病気というのは、人の体質的・精神的弱み
につけこんで増長するのが特徴です。
ヒトは思いがけずに病気になるといいますが、原因の多くは自分の中にあ
るものです。
敵を知り己を知れば百戦危うからずや。
このページは、「未病」の段階で病気の「芽」を見つけて、早めに漢方で対
処することを目的としています。
ダイエットは、単に痩身ではなく、動脈硬化とその原因である高脂血症の予防・治療の王道です。

最近の新聞報道によると、肥満と高脂血症は、子供のときから始まっています。
問題は肥満ばかりではありません。
アメリカのワールドウオッチ研究所が発表した
白書によると、2000年現在、世界人口60億の
うち、肥満ヤセがほぼ同数で、11億づつ
、あわせて22億の人が栄養障害を持っていま
す。
 目を足元に転じれば、私たちの店頭に、痩身のための代替食品
イクロダイエット」を求めて来られる方で、「ヤセ」の方も少
なくありません。そうした方にはマイクロダイエットはお勧めしま
の方が少なくないからです。体温が1℃下がるとエネルギー代謝は
12パーセント低下します。そのような場合、代謝を活発にする人参
や当帰、健胃作用のビャクジュツやブクリョウ、脂肪や糖分の消化
を助けるサンザシや麦芽などが有効です。縄文食として、藻類や焼
成牡蠣殻もいいです。高脂血症はガンの発生率も高めます。
ダイエットは、単に痩身ではなく、動脈硬化とその原因である高脂
血症の予防・治療の王道です。
 もちろんダイエットは、食生活の改善と運動療法が基本です。しかし現実に定着した生活習慣を変える
ことは容易ではありません。理想の努力目標を並べ立てても実行できなければ「絵に書いた餅」です。

私たちにできることは、とりあえず現状の生活習慣はそのままで、実行可能な提案を一つか二つにとど

め、二週間から一ヶ月で目に見える効果を体感していただくことです。

そのことによって、達成の自信と希望を持っていただくことにつきます。

自分が主人公となって自分の健康を作っていくことは、もっともっと楽しいことだと思います。

【インデックスに戻る】