• 症状別処方箋

下痢・便秘・花粉症・頭痛・リウマチ等々それぞれの症状別に、原因と対策をお教えします。

  • 季節の野草

四季折々の薬草について、その効用をまとめてあります。写真は店長が撮影しています。

ブログへ

池ノ谷薬草園、滋賀、漢方、リウマチ、しびれ、麻痺、関節、メマイ、痰、不妊、頻尿、夜尿


問い合わせ

画像をクリックすると拡大されます。

テッセン(威霊仙=イレイセン):キンポウゲ科。地下部。辛・鹹、温。膀胱経。慢性関節リウマチや手足の関節痛、シビレ、麻痺に用いる。→二朮湯、散痛楽々丸。 オオハンゲ(半夏=ハンゲ):サトイモ科。地下茎。
カラスビシャクの代用として用いられるが、通常、漢方薬に入っているのはカラスビシャクのほう。半夏は、咽喉部や上腹部の不快感に欠かせない生薬。→勝湿顆粒、温胆湯
ヨメナ(緒剥菜):キク科。ミヤコワスレの呼称を耳にすることの方が多いが、同種。中国名も面白い。猪八戒ではない。チョハッサイですぞ。 アカヤジオウ(地黄):ゴマノハグサ科。根茎。加工方法によって生地黄と熟地黄に分かれ、薬性が異なる。生地黄:甘・苦、寒。心・肝・腎経。清熱涼血。→けい玉膏。熟地黄:甘、微温。心・肝・腎経。滋養強壮。→杞菊地黄丸。 イチハツ(一初=イチハツ):アヤメ科。この仲間で一番早く開花するのでこの名がついた由。当園ではカキツバタの蕾もつかないうちに咲く。
オオバナエンレイソウ(延齢草=エンレイソウ):北海道から度々お見えになる方から寄贈されたもので、去年同様にゴージャスな花を見ることが出来ました。 キツネノボタン:キンポウゲ科。薬草園の遊歩道沿いによくみられる。 マムシグサ(天南星=テンナンショウ):サトイモ科。塊茎。苦・辛、温。肺・肝・脾経。湿・痰をとる性質から、痰、しこりの他、メマイ、関節の硬直、不随、痙攣にも使われます。
ウラシマソウ(
天南星=テンナンショウ):サトイモ科。漢方の世界では、マムシグサもウラシマソウも、同じ天南星として扱われます。
ボタン(牡丹皮=ボタンピ):ボタン科。根皮。苦・辛、微寒。心・肝・腎。内のこもった熱を取ると同時に、うっ血を散らし、止血する。→桂枝茯苓丸、涼血清営顆粒。
バイカイカリソウ(淫羊?=インヨウカク):メギ科。葉。辛・甘、温。肝・腎。不妊、老化に伴う性機能不振、腰・膝のだるさ、痛み、麻痺。→参馬補腎丸。、 アマドコロ(玉竹=ギョクチク):ユリ科。根茎。甘、微寒。肺・胃経。口渇、咽の乾燥、空咳、咽痛。ナルコユリ(黄精)に似るが、用途はむしセッコク(石斛)に近い。 クサイチゴ:バラ科。
林縁の明るいところでみられる。
クリンソウ(九輪草):サクラソウ科。日本産サクラソウ中最大の種。一昨年は鹿の食害で壊滅状態でしたが、今年は防護網が奏効した。 ハナイカダ(葉上珠):ミズキ科。名の通り、葉上に花と果実をつける変わった形状から、人気が高い。林縁の半日陰で散見される。

 赤字

漢方薬に特に頻繁に配合される重要な薬草。

参考にした資料  1)原色牧野和漢薬草大図鑑(北隆館)
2)薬草園図鑑(京都府薬種商協会編)
3)中医臨床のための中薬学(神戸中医学研究   会編)
4)中葯学(上海科学技術出版社)
枠内の見方 枠内は、種名、生薬名、科名、使用部位、薬味薬性、帰経、用途、その生薬を配合した漢方薬名の順に記す。
漢方薬と民間薬草との違い 漢方薬に使用される生薬は、次の点で体系化されており、複数の生薬で構成される漢方薬の効き目を最大限に引き出すために、配合に一定の法則が有ります。
@薬味:酸・苦・甘・辛・塩辛い
A薬性:寒・涼・平・温・熱
B帰経:薬効が反映されやすい部位。
C相性:他薬との相互作用
一方、民間薬草は長い年月用いられてきたが、上記の点で十分体系化されていない。
ご指導ご協力 池ノ谷薬草園の皆様
     

【インデックスに戻る】