• 症状別処方箋

下痢・便秘・花粉症・頭痛・リウマチ等々それぞれの症状別に、原因と対策をお教えします。

  • 季節の野草

四季折々の薬草について、その効用をまとめてあります。写真は店長が撮影しています。

ブログへ

池ノ谷薬草園、滋賀、漢方、痔、痒み、目、グリグリ、自律神経亢進、咳、口渇、からえずき、血便、排尿痛、頻尿、心神不安、不眠、足腰のシビレ、関節痛、リウマチ

9月10日の薬草園です。ほおの木の実がなっていました。園長さんのお話では、例年、サルが食べてしまって、残らないそうですが、今年はなぜか残っている由。落ちると、辺りにとても良い香りを放ちます。ほおの木は、樹皮が、咳止めや便秘薬に配合される他、お腹に来るかぜの漢方薬にも配合されます。

問い合せ

画像をクリックすると拡大されます。


ハナニラ:ユリ科。
ホオ(厚朴=コウボク):モクレン科。樹皮。苦・辛、温。脾・胃・肺・大腸経。腹満、腹痛、下痢、便秘。→勝湿顆粒 イブキトラノオ(拳参=ケンジン):タデ科。根茎。苦・酸、微寒。肝・胃・大腸。止痢、止血。 コマツナギ(土豆根=ドズコン):マメ科。根。属名のIndigoferaの通り、この仲間は藍染に利用される。
マタタビ(木天蓼=モクテンリョウ):マタタビ科。果実の虫こぶ。
ミソハギ:ミソハギ科。全草。下痢、止血。 クマツヅラ(馬鞭草=バベンソウ):クマツヅラ科。 キンミズヒキ(仙鶴草=センカクソウ):バラ科。全草。苦・渋、平。心・肝・脾・胃・大腸経。種々の止血に用い、疲労回復にもなる。 ウド(?活=キョウカツ):ウコギ科。根。心・苦、温。膀胱・肝・腎経。リウマチ、関節痛。→散痛楽楽丸 エビスグサ(決明子=ケツメイシ):マメ科。成熟種子。甘・苦・鹹、微寒。肝・胆・腎。「眼科常用」の薬物とされ、慢性便秘にもよい。香ばしく飲みやすい。
ミズヒキ(金銭草=キンセンソウ):タデ科。全草。止痛、腰痛、胃痛。通常、尿路系の炎症、結石に用いられるのは、カキドウシ。「金銭草」には同名異種が多いので要注意。 ヤブラン(土麦冬=ドバクドウ):ユリ科。根。鎮咳、去痰、滋養強壮。ジャノヒゲ(麦門冬)とほぼ同様の目的で代用されるようである。観賞用としても良く見る。→麦味参顆粒 マツムシソウ サネカズラ(南五味子):マツブサ科。成熟果実。民間で洗髪料に使われた。咳止め効果があるが、漢方では専ら、近縁のチョウセンゴミシ(北五味子)の方を用いる。 メハジキ(益母草=ヤクモソウ):シソ科。全草。産後の腹痛・悪露停滞を取るために、煎液に黒砂糖を溶かして飲む。
シュウカイドウ トチバニンジ根がン(竹節人参=チクセツニンジン):ウコギ科。根茎。日本特産で根が竹の節状。オタネニンジンに比し、健胃、去痰、解熱作用で勝るとされる。 トリカブト(附子=ブシ):キンポウゲ科。塊根。大辛、大熱、有毒。全身。毒性が強いため、一般には加工・炮製したものを用いる。全身を通じさせる作用が強い事を利用。→金匱腎気丸 ツルニンジン(党参=トウジン:キキョウ科。根。甘、微温。肺・脾。人参同様、胃腸虚弱者の滋養強壮に用いるが人参より多量を要する。→香砂六君子湯、帰脾湯、補中益気丸。 ツリフネソウ

 赤字

漢方薬に特に頻繁に配合される重要な薬草。

参考にした資料  1)原色牧野和漢薬草大図鑑(北隆館)
2)薬草園図鑑(京都府薬種商協会編)
3)中医臨床のための中薬学(神戸中医学研究   会編)
4)中葯学(上海科学技術出版社)
枠内の見方 枠内は、種名、生薬名、科名、使用部位、薬味薬性、帰経、用途、その生薬を配合した漢方薬名の順に記す。
漢方薬と民間薬草との違い 漢方薬に使用される生薬は、次の点で体系化されており、複数の生薬で構成される漢方薬の効き目を最大限に引き出すために、配合に一定の法則が有ります。
@薬味:酸・苦・甘・辛・塩辛い
A薬性:寒・涼・平・温・熱
B帰経:薬効が反映されやすい部位。
C相性:他薬との相互作用
一方、民間薬草は長い年月用いられてきたが、上記の点で十分体系化されていない。
ご指導ご協力 池ノ谷薬草園の皆様
     

【インデックスに戻る】